外国人技能実習制度の対象業種に介護職が追加され、介護業界の人材不足解消の効果にも期待されていますが、どのように介護人材を確保していくのかが今後の課題です。
「より質の高いフィリピン人介護人材を、より良い組織・団体を通じて、より良い介護事業者に!」の日本語の基礎教育~日本型介護の専門教育を支援しています。
NPO GLOSS
日常生活をする上での基礎知識、生活・仕事のマナー教育にとどまらず、介護事業者の現場で使う専門用語・知識・技能を盛り込んだ実践的な日本語で教育されています。より早く円滑に現場に溶け込けるよう、日本の介護事業者から介護福祉士の資格を持った日本人教師が教育を行っています。日本語能力が全てではありませんが、日本語がよくできる介護士は介護事業者の職員や入所者・利用者とのコミュニケーションが上手に取れるので苦情も少なく、早く技能・技術を習得できます。また日本語検定という目標を設けることで、より意欲的に勉強に取り組んでいます。

このようなステップを踏んでフィリピン人介護士の質を向上させながら選定~教育していますので、どの国の介護士よりも安心して採用できます。外国人介護士ならフィリピン人です!

失踪者、不法残留、資格外活動の入管難民法違反罪など様々な問題のある中国、ベトナム、ミャンマー・・・。こうした状況の中で、新たな監督機関「外国人技能実習機構」(認可法人)を設立して実習先(受け入れ企業など)・監理団体(事業協同組合、商工会など)への指導が強まり罰則もあります。介護事業者が計画的に介護人材を確保でき不正なく真面目に法令を遵守していても、監理団体が指導や罰則を受け、介護人材が途中帰国・・・?ということも考えられます。

悪質なブローカーや監理団体、送り出し機関、教育やフォロー体制、実績等を慎重に吟味し、不正や法令違反、労務管理、人権侵害行為等十分に注意し、必ず法令を遵守し適正な運用をしている優良な監理組織・団体とお付き合い下さい。

少子高齢化の日本は世界の中でも介護先進国です。
日本型介護は、サービスの質がかなり高いレベルで常識化されています。日本の介護事業者やフィリピンの日本型介護教育センター・日本語教育センター、送り出し機関や受け入れ団体の皆様方と、日本型介護としてより質の高い介護士人材の教育~育成を支援しています。近い将来、日本型介護が世界の介護の常識となるべく、フィリピン人介護士を通じて日本型介護を世界に広めながら社会貢献していきたいと思っています。

日本の介護事業者の皆様方の中には、外国人介護士に対して恐怖心や心配があるかもしれませんが、愛情と勇気を持ってフィリピン人介護士を受け入れてみませんか?

私共はフィリピン人介護士の送り出し機関や受け入れ団体ではありませんので、介護事業者の皆様にはフィリピンの送り出し機関や日本の受け入れ団体も紹介しています。
詳細等は、お気軽にお問い合わせ下さい。



特定非営利活動法人グロスは、フィリピン人材の受け入れ支援、英語力向上支援、環境衛生対策、国際協力としてフィリピンを対象に、寄付・支援等様々な支援事業に取組んでおります。
皆様のご支援・ご協力、よろしくお願い致します。



a:30574 t:10 y:20